Home > Weblog > My Mother Earth > エアリンピック(1)

Weblog

June 8th
2010

エアリンピック(1)

カテゴリー: My Mother Earth, Weblog, 航空オタクのつぶやき

以前やっていたブログで、長らく親しくしていただいたブーロさんという方が、仲間の皆さんに声をかけられて、「エアリンピック」という飛行機にまつわるエピソードを披露しあうイベントを開催されている(詳細はコチラ)。

私も参加したが、関係記事を全て削除してしまってご迷惑をおかけしたので、ここで再度書くことにしたい。航空オタクな私としては、この手の話は何度でも書きたいというのもある(笑)。

仕事・プライベートで、これだけ頻繁に飛行機に乗っていると、冷汗モノの経験が何度かある。例えば、乗る筈だった飛行機が事故に・・・とか。
「エンジンに鳥の群れが飛び込んで」というのは何回かあった。滑走を開始した後、突然急ブレーキがかかるのは大抵このパターンだ。空港によってはこの鳥対策にかなり力を入れていると聞くが、100%回避するのは難しいらしい。鳥の群れが入ってしまうと、エンジン内のブレードはボロボロになってしまう。代替機が用意できる空港でない場合、このパターンで、ホテルを与えられ出発は翌日以降というようなことが何度かあった。

事故ではないが、ニューヨークからの帰路便で、日本到着まであと3時間というところで、アラスカに引き返したことがあった。
機内でアメリカ人男性が急死したのである。何でも、日本に入ってしまうと、司法手続きが複雑になってしまうとかで、その時点から2時間半で戻れる、最も近い米国領のアラスカに緊急着陸ということになったのだが、500人もの乗客の時間都合と秤にかけても、1人の死亡の司法手続きの方が優先されたことは、ある意味驚いた・・・し、相当に困った。
私はこの時、高価なある物品を持ち帰る途中だったのだ。ビリヤードのキューだったのだが、どれもカリスマキューメーカーによる特注品。キューというのは気温や湿度管理が非常に難しい。ところが、行き先は急遽1月の極寒のアラスカ。しかも、預け荷物は諸事情から荷物室から出すことが出来ないという。空港ですったもんだ掛け合ったが、結局願いは聞き入れられなかった。そして、航空会社支給の洗面用具セットのみで、他の乗客らとともにアンカレッジの高級ホテルに1泊を余儀なくされた。

「あんな事故は滅多にないだろうな・・・」という事故に遭ったことがある。
仕事上で取引のある航空会社なので、航空会社名を出すことは出来ないが、あれには本当に参った。
その国でのロケハンを終えて、帰国のフライトの乗り込んだ時のことである。
さあ、滑走して離陸・・・という瞬間に、異常な急角度で機首が持ち上がったのを感じた。すると「ガガ〜ン!」という大きな衝撃と衝撃音!!。あまりに急角度で離陸したために、飛行機のテール部分が滑走路にぶつかったのだ・・・と思った。

飛行機はそのままフラフラと飛び立った。
ざわめく乗客たち・・・

衝撃から約30秒。
すると・・・まだ巡航高度にも全然達していないというのに、突然
「皆様、これから映画の上映とお飲み物のサービスをいたします。」
というアナウンスとともに、ひきつらせた笑顔のCAたちが飲み物のサービスを始めた。

事故の衝撃そのものより、この意表を突いた映画と飲み物サービスにビビった。

「なんで・・・なんでやねん?」

そして、しばらくして今度は、「運行上の都合により、@@空港へ引き返すことになりました」というアナウンス。
どうやら機体は@@空港上空を旋回中らしい。空港滑走路の脇に延々とすごい数の消防車が待機しているのが上空から見えた。

「う〜ん、我が飛行機のお尻が燃えているんだろうか?」
不安になるが、結局飛行機は無事に滑走路にタッチダウン。特に非常用脱出シューターを使うなどせずに、普通にブリッジから機外に出られた。

そしてその後何の情報もなく、長時間待合室で待機させられた。乗客には、「同便の運行は明日になった」ということ以外、一切の情報が与えられることはなかった。今考えてみれば奇妙な話だが、@@航空職員も空港係員も、誰も「事故」という言葉は絶対に口にしなかった。

そして、翌日と言われた代替便は、結局「午後」「明日」「明日の朝」「明日の夕方」・・・という具合で延び延びになり、結局4日間もホテル待機させられた。今でこそ、この路線は3社が直行便を飛ばす売れっ子路線だが、当時は某航空会社しか直行便がなかったのだ。最初から4日間も待たされるとわかっていれば、時間がかかる経由便でもさっさと振り替えてしまったところだったが・・・

確かにこの航空会社、当時はギリギリの機材繰りでやっていたらしいので、代替飛行機が見つからなかったのだろうと思う。そして恐れていたように・・・4日目に飛んだ機体の機体番号は、事故時に「よもや」と思って降機時にそらんじた機体番号と同じだった(大汗)。

今でもこの時のことを振り返ると、あの映画や飲み物サービスが、マニュアルにあるものだったのかなんだったのか・・・とても不思議に思う。
幸いこの時の事故は深刻な事態には至らなかったが、こうした冷や汗モノの経験は何度かある。
ということで、エアリンピック用の記事を今後まとめて掲載したいと思う。

Share and Enjoy:
  • del.icio.us
  • Facebook
  • MySpace
  • Twitter
  • Digg
  • LinkedIn


コメント / トラックバック6件

  1. 怖いですね~。状況をきちんと説明されないのが本当に怖いっ!>.<
    しかし、数々の災難ですが、ある意味、最強の運の持ち主なのかも・・・とも思われました。(笑)

  2. 斎藤美香子 より:

    シャンティcocoさん

    はい。あれこそがホントに「得体の知れない」事件でした(爆)
    でも宿泊先は誰もが知る某国の某都市の顔的な、超有名最高級ホテルだったんですよ~。

    事故ったのは事故ったでいいんですが、あの映画&飲み物サービスは一体マニュアルにあったものなのか…
    今だにすごく不思議ですY(>_<、)Y

  3. にゃり より:

    出遅れましたー!
    HPオープンおめでとうございます☆
    すごいですねー。ワクワクです!

    ビリヤード…特技をそんなにお持ちだったとは!
    キューは大丈夫だったのでしょうか?

    エアリンピックのつづき、楽しみにしてます!

  4. 斎藤美香子 より:

    にゃりさんへ

    お忙しいのに早速遊びに来てくださり、ありがとうございますo(^▽^)o
    少しは落ち着かれましたか?

    ビリヤードはもう学生時代から20年もやっています。
    というか、ここ5年以上は仕事や生活が多忙で、練習も大会もご無沙汰なのですが(汗)

    キュー・・・この時は本当に焦りました(><;)
    おかげさまで被害はありませんでしたが、高価なものですので・・・
    私の愛キューも、新車の軽自動車が余裕で買えるくらいの値段なんですよ(^o^;)

    今後ともどうぞ宜しくお願いします★

  5. ブーロ より:

    HPオープンおめでとうございます!

    とりあえず、不安不満を和らげる為にお腹一杯にしとけ〜 映画で誤魔化せ〜って作戦でしょうか(笑)

    エアリンピックのつづき、楽しみにしてます!

    ところで、新ホームページ勝手にリンクさせてもらいました。事後報告ですみません(笑)

  6. 斎藤美香子 より:

    ブーロさん

    遠く地球の裏側からありがとうございます♪
    いろいろありながらもタフに旅を続け、そして何より人や新しい土地との出会いを
    楽しんでらっしゃるご様子ですね★

    エアリンピック、過去記事消してしまったので、ここに書き直しておきます(笑)
    それからリンクありがとうございました♪
    今後もお気をつけて~

コメントをどうぞ

Categories

Archives

Comments

  • 斎藤美香子: シャンティcocoさんへ cocoさん、おひさぁ~~(#^.^#)...
  • シャンティcoco: ふぅ。やっとここに入れた・・・ と思ったら、...
  • 斎藤美香子: ようめさんへ ようめさん、コメントありがとう~~(#^....
  • 斎藤美香子: ダニーへ コメントありがとう。年末風邪ひいた時にビタミ...
  • ダニー: (=^・・^=) 向こうに住んでて、こちらにはたまに仕事で来るんでし ょ?...

ページトップへ