Home > Weblog > My Life / My Disney > 被災地仙台・及び福島第一原発近隣住民からの現地報告(2)

Weblog

March 17th
2011

被災地仙台・及び福島第一原発近隣住民からの現地報告(2)

カテゴリー: My Life / My Disney, Weblog, 東日本大震災

暖かい心のこもった励ましのコメントをずっと頂いておりながら、お返事できていなくて、申し訳ありません。近日中にお返事したいと思っております。

 

今日の仙台は、「午後一時的に雪」の予報に反して、朝から雪。風も強いです。
我が家の周辺は現在積雪6cmほど・・・天気予報!!全然違うじゃん!!
家を失い、暖房のない避難所で過ごされている方々の寒さはいかばかりか、と本当に胸が痛い。

 

今日は、山を下りて市内の生協に買出しに行きました。
開店時間の3時間前に行ったにもかかわらず、既にお店の周辺には、ぐるぐるとお店を囲む形で2kmほどの行列(大汗)。雪の中、開店後も更に3時間、合計6時間雪の中をひたすら待ち続けましたが、買えたのはパックごはん、パスタ、味噌、チョコがそれぞれ1個ずつのみ(涙)。開店時から「1家族商品10点まで」という制限がついていたのに・・・やっぱり物流はあまり回復してないようですね。

それでも私の後ろの列の人たちは、開店後まもなく切られてしまったので、まだいい方ですね。

 

雪の降る中、皆リュックや飲料水の容器、あちこちで買い集めているであろう食品・・・しかも普段はあまり見かけないような、みかんやグレープフルーツなどの果物(果物は余裕があるみたいです)を持った人が多くて、本当に平時の市内の様子とは全く違います。
ガソリンが尽きた人が多いせいか、市内の車もすごく少ないし・・・。

 

仙台市中心部や、私の住む地域では、まだ津波被災地より余裕があるせいか、物騒なことは起こってませんが、それでもだんだん殺気だっている人が増えてきたかも・・・と感じます。

たとえば、今日行った生協では、店内は広いのですが、一度に入れる人数はだいぶ制限していました。それにもかかわらず、かごを持った人々は、人気の品(ごはんパックなど)の所などでは押し合いへしあい。ぶつかっても、転ぶ人が出ても、誰も謝らない・・・。

 

元気だけがとりえの私なのですが、それでも、知らないうちに精神的疲労がたまってきたのか、昨日はとつぜんぜんまいが切れたみたいに「自分の精神衛生状態もヤバイ!」という感じになってしまったので、昨日は努めて明るい話題のことを考えたりしていました。

それを考えれば、同じように皆さんも精神的疲労がたまっているのは、しょうがないことなのでしょうが・・・それはわかっているのですが、今日は非常に気分の悪い思いで家路につくことになってしまいました。

 

今日、スーパーでじゃがいもがあったので、それに手をかけたところ、40代くらいの女性が、脇からそれをひったくるように奪ったのです。

それと同時に、手に走った痛み・・・その女性の長い爪に引っかかれ、手の甲に擦り傷が2本。思わず「うっ」と声を出して手を顔の近くに上げたので、その女性も私の傷を一瞥しました・・・でも何の一言もなく、次の売り場へ髪を振り乱して去って行きました。

 

ひったくったのは本能的な行動だったにせよ、その後の一言がほしかった・・・あ~あ・・・今後こういうことがどんどん多くなっていくのかな・・・と思ったら、なんだかとってもブルーな気持ちになってしまいました。

 

でも仕方ないか・・・気をとりなおして、家に帰ってペットボトルを持って今度は給水所に行こうか・・・とブルーな気持ちで帰宅すると・・・

 

そんな私の暗い気持ちを払拭するような出来事が!!

自宅に帰ったところ、複数の友人からの援助の申し出が入ったのです。しかもその援助が可能になってからわずか1~2時間のうちの申し出。

 

「そうだった!!私、そして被災者の皆さんへ、心からの応援やサポートを願っている人たちが、日本中にたくさんいるのだった!!昨日の記事を書いた時にも、たくさんの暖かい励ましや静かな祈りに感謝の気持ちでいっぱいだったはず!それを忘れちゃいけない!!」と、はっと目が覚めたような気持ちになりました。

 

「ありがとう」という感謝の気持ち。

これまでも、言葉で表したり、形で表したりいろいろな形で使ってきましたが、今回の被災後は、また格別の思いをこめてこの言葉を使うことになると確信しています。

人への感謝、人への思いやり・・・そして、今回お世話になっている方々に、私もいつか恩返しできるような機会に恵まれたら・・・きれいごとではなく、本当に出来ることは全部したい!とそう思っています。

 

大変難しい状況ですが、何とか被災者の気持ちが病んでしまわない前に、十分な生活物資や薬品などが届くことを願ってやみません。

 

 

医薬品も食料も本当に、本当に全くない被災地の避難所などでは、暴動やパニックが起こってもおかしくないと・・・本当にそう思います。

 

Share and Enjoy:
  • del.icio.us
  • Facebook
  • MySpace
  • Twitter
  • Digg
  • LinkedIn


コメント / トラックバック6件

  1. トム より:

    とにかく落ち着いて待ってくださいね(p_-)

  2. パブロ・ダニー より:

    ヾ(`ω´*)ノなにがいつかは恩返ししたいじゃ。  そんな目にあってたまるか!
     私はホクホクと生きていくのじゃ。

     今日も純度100パーセントの点滴を頂いてきたぞ!(爆)

     あっ、明日粗大ゴミ送ります。

  3. そのムード、つらいですね。手に入れなくちゃと必死になってるのだろうけれど、人を突き倒してまで、人のものを奪ってまで・・・・。これじゃ、高齢者の人や障害者の人は買出しさえできませんね。
    いくらタフで大らかなTABIさんでも、こりゃ辛い・・・。
    励ましの言葉ばかりしかお届けできないのが私は辛いです。
    TABIさん、頑張って! 

  4. 斎藤美香子 より:

    トムさんへ

    はい。トムさんに送ってもらった食料も営業所に届いたようなので、落ち着きました(爆)

    ホントに何から何までありがとう!!

  5. 斎藤美香子 より:

    パブロ・ダニーさんへ

    じゃあ、介護で返すから(爆)
    オムツ交換1回でいいかな?(笑)

    というか、まじめに救援物資、ありがとうございました!
    まだ受け取ってないから何が入ってるのか楽しみ・・・

  6. 斎藤美香子 より:

    シャンティcocoさんへ

    はい。あのときはなんかホントに悲しいというか、陰鬱な気持ちになりました。
    これからはだんだん物資が入ってきて、皆も平常心を取り戻していくでしょうが、まだ支援の手がほとんど入っていないところもあるみたいなので、被災した方々の精神面が心配ですね。

コメントをどうぞ

Categories

Archives

Comments

  • 斎藤美香子: シャンティcocoさんへ cocoさん、おひさぁ~~(#^.^#)...
  • シャンティcoco: ふぅ。やっとここに入れた・・・ と思ったら、...
  • 斎藤美香子: ようめさんへ ようめさん、コメントありがとう~~(#^....
  • 斎藤美香子: ダニーへ コメントありがとう。年末風邪ひいた時にビタミ...
  • ダニー: (=^・・^=) 向こうに住んでて、こちらにはたまに仕事で来るんでし ょ?...

ページトップへ