Home > 2011 > 4月

Archives

「ファンタズミック!」初日観てきました


しばらく震災関係の記事ばかりでしたので、今回は久しぶりにそれ以外の記事を♪

 

震災で3月12日からずっと休園となり、本来4月23日から予定されていた10周年イベントも延期になってしまったTDSこと、東京ディズニーシー。
昨日4月28日から再開し、早速初日にインパしてきました。

退避中の両親の引越しも間近に控え、バタバタした時期ではあったのですが、被災して以来ずっと気分も落ち込み気味で、エネルギー不足に陥っていた感があったので、「引越し前に元気をもらってこよう!」と突如決めた強行インパでした。

10周年イベントそのものの開催は期日未定で延期されたのですが、その目玉の一つとして日本のパークについに初登場した「ファンタズミック!」は、パーク再開の28日に初日を迎えました。

以前フロリダのパークの「ファンタズミック!」の記事(→コチラ)を書いた時にも触れたのですが、基本私は「水スクリーンに投影するタイプのショーは苦手」なので、実は今回TDSに初登場する「ファンタズミック!」にも、そう期待はしていませんでした。

(続きを読む…)

ツアー満員御礼&素晴らしい新天地

 

小型機が2機使えるようになったため、追加募集したフォークランドツアーメイト。

おかげさまで、先日満員御礼となりました。

また、満員御礼のお知らせが遅れたため、お申し込みのご希望に添えず、ご迷惑をおかけしてしまった方、本当に申し訳ございませんでした(涙)。

 

今回・・・本当にいいメンバーが揃いました。
私はほぼ皆さんと友人・知人の関係なのですが、他の方々は皆ほぼ初対面同士。
私は皆さんがどんな方々か把握していますし、またご参加の皆様ほぼ同じ条件なので、気後れせずにご参加頂くことが出来、理想的な形だと思っています。

(続きを読む…)

故郷ついに警戒区域へ(2)

 

前の記事では、取り急ぎ至急のお知らせとして、UKC JAPANさんのサイト記事を転載しました。

ここ(2)では、故郷がついに警戒区域になることについての、個人的な思いを書いてみたいと思います。

4月第2週始めに「11日以降を目処に一時帰宅の検討を。それ以降は警戒区域に」と発表されてから、大きな余震もあってのことでしょうが、その話に全く進展がないうちの「2日後の午前0時から発効」という突然の発表でした。

まあ、突然の発表にしたのも、「その前に自主帰宅して貴重品などを」と住民たちが殺到するのを避けるためでしょう。

(続きを読む…)

故郷ついに警戒区域へ(1)~まだまだ残された動物がいます!~

 

とうとう我が故郷が警戒区域に指定されることになりました。個人的な思いについては、次の記事で書くこととして、取り急ぎ、この地域でペットレスキューに当たっているUKC JAPANさんから、緊急のお知らせが入りましたので、以下UKC JAPANさんのサイトから転載いたします。

***********以下UKC JAPANさんのサイトより*************

緊急のお知らせです!!

政府より↓↓↓

「政府は20日、避難指示が出ている福島第1原発から半径20キロ圏内について、22日午前0時に一帯への立ち入りを禁じる「警戒区域」に指定する方針を決め、南相馬市、双葉町など関係市町村に連絡を始めた。菅直人首相は21日福島県入りし、こうした方針を住民らに表明する。政府筋が明らかにした。」と発表がありました。

(続きを読む…)

ツアーメイト、あと1名で募集締め切ります

 

おととい2名の追加募集をした、フォークランドのツアーメイト募集ですが、その後1名様のご参加が決定しましたので、あと1名で募集締め切ります。

ご希望の方がおられましたら、お早めにご連絡をお願いいたします!

★求む!保護された子たちの飼い主さん情報★

 

先日ペットレスキューで、私もご一緒させて頂き、また、愛猫の遺体の収容でもお世話になったUKC JAPANさん。

現在保護された子たちの、飼い主さん情報を求められております。
私の実家の町内の子が多いのですが、お心当たりのある方、是非ともご連絡お願いいたします!!

国からは「4月11日以降を目処に退避区域への一時帰宅」という発表が先週始め頃にありましたが、先日の地震で延期になってから進展がなく、気がもめています。

この一時帰宅の時に、飢えにあえいでいるペットたちが助けられることになると期待したのですが・・・

残念で残酷なことを書くようですが、誰にも看取られることなく、餓死や病死したペットたちも出てきています。下記の写真を見ても、どの子もやせ衰えております。

どうか皆様、UKC JAPANさんへの支援・援助。また情報拡散で助けられる命に手を差し伸べてください。

先ほどUKC JAPANの代表細さんと電話で話しました。
UKCさんは、震災以来原発退避区域のペットたち200頭以上を、レスキューされたそうです。

(続きを読む…)

ツアーメイト募集~2名追加募集~

 

先日締め切りと発表した「ツアーメイト募集」。

小型飛行機を2機チャーター出来ることになり、急遽あと2名追加募集します☆(‘-^*)/

 

 ちなみに旅程は当初の2011年12月29日~2012年1月10日ではなくなり、1日追加して2011年12月28日~2012年1月10日となり、チリのパタゴニア&チリのペンギンも楽しんじゃいます!

しかも、1日増えた上、パタゴニアでは空港送迎からパタゴニアペンギンツアーに至るまで、全部専用バス利用だというのに、元々の13日間の料金に、殆ど追加料金ナシでの14日間の手配にも成功!

ダテに総合旅行業務取扱管理者資格(→難関国家資格ですよ~)は持っておりませんよ~★


更に、今回の旅で行く場所で撮った写真を、先の記事同様載せておこうと思います(o^-’)b

大きな、大きな空の下、たくさんのペンギンたちを思う存分観察することが出来ます。

 
キングペンギンたちの行進や・・・

2kmも続く真っ白な白浜で、こんな風に上陸してくるペンギンたち(写真はジェンツーペンギン)をぼんやり眺めていたり・・・


 (子供たちの待つコロニーへ帰るジェンツーペンギンの両親たち)


 (マゼランペンギン)

 

集団で上陸してくるイワトビペンギンの迫力あるシーンに感動!

充実の1日を過ごして戻る場所は、新築の貸切コテージ。
コテージは現在新築中ですので、この写真は古いコテージの写真。
島にあるコテージを2棟貸切しますので、島にいる客は私たちだけ!!
島も貸切です!!

今回はフォークランド初心者でも、リラックスして楽しんで頂ける島に長期滞在します。
セントラルヒーティング・個別のバストイレ・快適なサンルーム・リビングルーム・ダイニングが付いた快適なコテージで、3食付で快適にお過ごし頂けます。

海辺のコテージで、水平線に沈む夕日を眺めながら、3コースディナーを頂きます。

 (メインコースの例。島で育った牛のオーガニックビーフステーキ)


 (デザートの一例:生クリームたっぷりの手作りフルーツタルト)

 

フォークランドで唯一の町。スタンレーを上空から。イギリスの田舎の街がそのまま移ってきたかのような可愛い町並みの中に、ペンギングッズを売っているお店がいっぱい!海沿いの眺めのいい宿に泊まります!

 

再出発!!

 

このところ、強い余震が多い仙台。
あまりに多いので最近は耐性がついてきて、震度4くらいまでなら全く動揺しなくなりました。

寝てる時に来ても、そのまま寝てますし、デスクワークをしている時に来ても、そのままデスクワークを淡々と続けてるみたいな(笑)。もともと大雑把な性格なのが幸いしているのかと思います(爆)。
ちなみにまだ都市ガスの復旧の目処はたたず、1ヶ月以上汚ギャルな私です(爆)。

 

さて、このところは退避中の両親たちが再出発する場所と家探しをしていました。

いくつか物件の目処をつけて、今日内覧してきたのですが、1日目にして「これだ~~~!!」という物件にめぐり合え、早くも売買契約を結んできました。

このめぐり合わせに「まだまだツキはある!!」と思えましたし、何より物件をとても気に入った母の明るい表情を見ることが出来て、私の気持ちも一気に急上昇しました!!

(続きを読む…)

さらば故郷(3)

 

1日目の作業後、通行制限のある20km圏を出て被曝スクリーニング検査を受け、両親の退避している郡山に着いたのは夕方4時半頃でした。

その日の作業はこれで終わりではなく、今度は市内に契約したトランクルームに、持ってきた物資を運び込まなければなりません。この作業に更に1時間半。退避先に戻る頃には朝からの作業を開始してから半日以上経っていたので、両親はかなり疲れたと思います。

私はと言えば、体力だけがとりえの人間なので(爆)、そう疲労感はありませんでしたし、翌日の作業に向けて、「父のあの本とあの本は取って来たい・・・」など思いをめぐらせていました。

 

余談ですが、私が本や英語好きになったのも、世界のまだ見ぬ秘境に憧れ、海外取材コーディネーターという職に就くことになったのも、すべてのルーツは、父と、あの世界中の書物がぎっしりの父の書斎にあったのです。

(続きを読む…)

さらば故郷(2)

 

先ほども、デスクトップが宙を舞うような大きな地震(震度6強)がありましたが・・・もう地震慣れして、あまり動揺しなくなりました(笑)。
そういえば、一見無事に見えたうちのマンション。先ほど両親の退避先の郡山から戻ったら、市当局の地震後の建物調査で「地崩れあり。要注意建物」に認定されたようで、びっくり!ううう・・・

 

さて、昨日の記事は、両親の退避先の郡山からアップしましたが、先ほど郡山から車で3時間弱をかけて、仙台の我が家へ戻ってきました。本当にいろいろなことがあった4日間でした。

4月4日の午後の突然の父の電話で郡山へ向かった私。
郡山へ着いたのは日が暮れた頃。その夜は翌日の一時帰宅に備えて、9時頃には早くも床についたのでした。

気持ちが高ぶってはいましたが、その前夜も全く眠れていなかった上に長距離ドライブで疲れていたせいか、いつの間にか眠りに落ちたようでした。

  (続きを読む…)

1 2

Categories

Archives

Comments

  • 斎藤美香子: シャンティcocoさんへ cocoさん、おひさぁ~~(#^.^#)...
  • シャンティcoco: ふぅ。やっとここに入れた・・・ と思ったら、...
  • 斎藤美香子: ようめさんへ ようめさん、コメントありがとう~~(#^....
  • 斎藤美香子: ダニーへ コメントありがとう。年末風邪ひいた時にビタミ...
  • ダニー: (=^・・^=) 向こうに住んでて、こちらにはたまに仕事で来るんでし ょ?...

ページトップへ