Home > 2011 > 6月

Archives

アホウドリがペンギンのヒナを育てる!?

 

今日は、先日まで書いてきた、昨シーズンのフォークランドでの事件の結末を書こうと思ったのですが、その前に同じフォークランドネタを1つ。

このところ、フォークランドについて、あまり真面目な情報を発信していなかったので、今日は、日本の鳥類或いはペンギン研究者の方々も、間違いなく興味を持つであろう真面目な話題を書きます。

 

3.11で実家が被災して以来、フォークランドの情報などをチェックする余裕もなく、すっかり最新情報から取り残された感があった私でしたが、このところ暇を見つけては、情報をチェックしていました。

すると、私の数年来の友人である研究者で、特にミナミイワトビペンギンの研究に力を入れている、フランス人鳥類研究者が、鳥類学ジャーナルに寄稿したあるレポートに目が留まりました。

 

「どえ~~~、うそでしょ~~~!!聞いてないよぉ~~!!」

 

びっくり仰天のその内容。

(続きを読む…)

昨シーズンのフォークランドでの事件とは・・・(2)

前回(→コチラ)の続きです。

ということで、絶好の遠出日和のその日。
主目的は、ミナミオオフルマカモメの大コロニーを見て、島の先端まで行くこと。先端までは車で約2時間。途中にはいくつもの家畜用の柵があり、何度か車を乗り降りしてゲートを開閉しながらのドライブでした。


 (家畜がいる離島では、こんな柵があちこちにあります) 

予定通り、ミナミオオフルマカモメのコロニーを見て、島の先端まで行って、絶景の中お弁当を食べました。そして、帰り道。途中にたくさんいるのはマゼランペンギン。彼らのユーモラスな姿を眺めつつ、ロッジに向けて車を走らせました。

(続きを読む…)

昨シーズンのフォークランドの事件とは・・・

 

「書く・書く詐欺」(?)よろしく、ずっと「次は書く」と言って放置していた「昨シーズンのフォークランドであった事件」。来月しばらく留守にしますので、そろそろ書き始めてその前に終わらせます!!


 「ほらほら、早いとこ吐いて楽になっちまいな!」(爆) 

その事件も含め、過去に幾度も渡航先で生命の危機に遭いながらも、運だけで乗り切ってきた私(→その詳細はコチラ)。昨シーズンのフォークランド帰国後は全くこの事件に触れず、涼しい顔で旅の報告

などしてましたが、実は結構な事件があったのです。

(続きを読む…)

買ってしまった・・・

 

さて、昨日の記事にも書いたのですが、今日からウィンブルドンが開幕します。今晩のテレビ中継に出てくるのは、クルム伊達公子さん。

伊達さんとは、以前ネパール取材でご一緒させて頂いた(伊達さんが番組レポーター)ことがあるのですが、見た目通りの優しくステキな方。今夜は寝不足覚悟で応援します!

 

さて、お題の「買ってしまった・・・」

(続きを読む…)

いよいよ明日から!!

 

いよいよ明日からウィンブルドンが開幕しますねо(ж>▽<)y

テニス観戦、特にこのウィンブルドンは大好物な私ですが、何故かこの季節は過去15年ほど毎度海外に行っていて、今年は去年に引き続き、漸く大会をゆっくり日本で観戦することの出来る2度目の初夏となります♪

明日から寝不足の日々が続きそうですが、ここぞの場面でも決して弱気になったり怯んだりしない超一流選手のプレイに、毎度力をもらい、寝不足も感じません。
今年はどんな伝説の試合が生まれるのか・・・とても楽しみです。

 

数あるウィンブルドンの名試合の中でも、私が最も忘れられない試合は、3年前2008年のラファエル・ナダルとロジャー・フェデラーの決勝戦です。

(続きを読む…)

激甚被害地区、石巻市からのハガキ

 

先週、行きつけの美容院から1通のハガキが届きました。

それは、お店の営業再開のお知らせ。手に取った瞬間、思わず「よかった~♪」と叫んでしまいました。

 

というのも、そのいきつけの美容院は、今回の大震災で最悪の津波被害があった石巻市にあるからです。今回の津波被害で全国ニュースにも度々登場するので、石巻という名前も全国区で知られるようになったかと思います。

 

私の住んでいる仙台から石巻までは電車・車とも所要1時間。何故1時間もかけてそんな遠くの美容院まで行くのかと言えば、仙台市内の美容院で、学生時代から20年以上も指名で担当してもらっていた美容師さんが、数年前にご実家である石巻で独立することになったためでした。

(続きを読む…)

故郷への思い

 

震災から早くも3ヶ月が経過しましたね。

最初の2ヶ月は、いろいろ考える余裕もなく過ぎていってしまった感がありましたが、ここ1ヶ月はどういうわけか、このず太い神経&単純バカの私が、珍しくクヨクヨと思い悩んでしまうことが多かったような気がします。

別に常に思い悩んで鬱々としていたわけではないのですが、気がつくと原発被災した故郷のことを考えてしまっていたり、関連のことが夢に出てきたり・・・。

 

まあ時間が経って、「もう故郷には帰れないのか」という思いが実感を帯びるようになったのかも知れません。もう考えてもしょうもないようなことを、気づけば考えているという感じでした。

私が実家に最後に帰省したのはお正月だったのですが、駅舎の明かりがぼ~っと灯った故郷の小さな駅のホームで、雪の降る寒い夜に帰りの電車を待っていた時の空気感や、実家の犬を連れて近くの川原(震災では、津波が相当に上った川)に散歩に行った時のことや・・・とめどなくいろいろな思い出が頭に湧き上がってきていました。

「ああ・・・もうあの駅舎から電車に乗ることはないんだろうな・・・(→常磐線のあのあたりはもう流された線路を復旧させることはないと思うので)」とか、「あの夜が実家で過ごした最後の夜だったのか・・・」とか・・・。

(続きを読む…)

ナイトフォール・グロウ

 

東京出張から戻ってきました。
東京滞在中の6月9日は、ドナルドの77回目の誕生日≧(´▽`)≦
私もディズニー師匠と一緒に、インパしてきました★

この日はランドへ。
ドナファンが集結するだろうと思っていましたが、案の定エントグリ(パークのエントランスでやっているグリーティング)のドナちゃんには、長蛇の列が出来ていました。
私が見たのはパーク開園直後でしたが、既に1時間半以上の待ちになるかと思われるほどの列が出来ていました。

サルードス・アミーゴスなど、ドナのグリーティングが多いシーの方には、より多くのドナファンが集結したことでしょう。
携帯でサルードスの待ち時間を時々チェックしましたが、終日70~90分ほどの待ち時間と、普通の平日の倍の待ち時間だったようです。

(続きを読む…)

よかったね!チロちゃん。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。

 

震災発生以来ずっと、津波被災地域だけでなく、原発退避区域においても、懸命のペットレスキューを続けていらっしゃるUKC JAPANさん。原発から10㎞圏内に実家がある私も、レスキューでお世話になり、またその活動に同行させて頂き、メンバーの方々の「1つでも多くの命を救いたい」という強い気持ちと心意気に触れ、心を揺さぶられた一人です。

 
http://ukcjapan.exblog.jp/(→飼い主の見つかっていない子たちのリスト)

(続きを読む…)

Categories

Archives

Comments

  • 斎藤美香子: シャンティcocoさんへ cocoさん、おひさぁ~~(#^.^#)...
  • シャンティcoco: ふぅ。やっとここに入れた・・・ と思ったら、...
  • 斎藤美香子: ようめさんへ ようめさん、コメントありがとう~~(#^....
  • 斎藤美香子: ダニーへ コメントありがとう。年末風邪ひいた時にビタミ...
  • ダニー: (=^・・^=) 向こうに住んでて、こちらにはたまに仕事で来るんでし ょ?...

ページトップへ