Home > Weblog > My Falklands > フルートとフォークランド

Weblog

July 22nd
2011

フルートとフォークランド

カテゴリー: My Falklands, Weblog, フォークランドを想う

 

フルートを始めて、スクールで個人レッスンを受けるようになってから3年ほど経ちます。

と言っても、その3年のうち、実質レッスンに通ったのは、その半分の1年半ほど(汗)。留守がちな仕事をしているので、3年の半分は休会していたと思います。

グループレッスンではなく個人レッスンにしたのも、結局仕事で休会月が多くなるので、自分のペースで休会しても支障がないようにという理由でした。

 

そもそも何故フルートをやっているのか・・・実はそれも、フォークランド移住計画に大きな関係があるのでした!

 

過去20年以上(→年バレ:爆)仕事・プライベートとも、辺境の地に行くことが多かった私。
娯楽という娯楽も何もない辺境で、現地の人々とのコミュニケーションの上で、世界共通で楽しんでもらえる特技があれば!と思う機会が何度もありました。

それは取材など、滞在期間が長ければ長いほど感じたことでした。特に部族地域など、言葉も通じないような場所では、誰でも楽しめるような特技を披露することによって、より、その人々の中に溶け込むことが出来るな~と。

 

私の特技と言えば、もう20年以上やっているビリヤードですが、これはビリヤードテーブルなどの道具がないと出来ないこと。道具がなくても手っ取り早く人々の心を掴むことが出来るのは、たとえば歌などですが、残念ながら歌は得意ではない私(笑)。まあ、得意でなくても歌わないよりは喜んでもらえるのでしょうが、どうしても得意ではないということから気後れしてしまいます。

 

フォークランドでも、娯楽はおろかテレビなどもロクにない離島に滞在中、同じようなことを経験したことが何度もありました。

たとえば、羊のいる離島では、羊の毛刈りのシーズンになると、羊の毛を刈ることを生業としている毛刈り屋さんたちがNZやイギリスなどからやってくるのですが、離島の人が「ピーターはギターが上手いのよ。楽しみだわっ」などと言いながら、毛刈り屋さんの到着を楽しみに待っていたりします。そして、夜はワイン片手に皆でギターを囲んで歌って大盛り上がりしたり・・・。

 

スタンレーでは、ビリヤード台を置いているパブなどもあって、たまに競技会などもあるので、それに参加したりして、私の特技が生きることもあるのですが、離島ではそんなものもない。

 

将来離島に移住したら、何か出来たらいいよな~~~。

 

そんなきっかけから、実はフルートを始めたのでした(●´ω`●)ゞ

 

学生時代はクラリネットをやっていたので、クラリネットをやるという選択肢もあったのですが、クラリネットは重量もあって持ち運びの上でちょっと不便だし、何より独奏では、どんな場面でもフルートの方が人気だろうと。

実は、私の小学校以来の幼馴染も同じスクールで、もう8年もレッスンを受けています。彼女の場合、8年間ずっと休まず通っていたこともあって、今ではジャスフェスなどでその腕前を披露出来るくらいのレベルです。

彼女の華麗な演奏を聴く度に、「もうお金かけてレッスンに通う必要もないじゃん。自分で何でも出来るでしょ。」と言っていた私。「いや・・・仕事してると、『来週のレッスンまでにこの曲仕上げないと』みたいな目標やプレッシャーがないと、レッスンしなくなるから。」と言う彼女。

 

その後レッスンを続けてきて、彼女の言っていたことがよくわかってきました。
私も、学生時代クラリネットをやっていたので、楽譜も読めるし、半分休会で実質は1年半しかやって来なかったような感じではありますが、既に上級コースですし、一通りのことはすでに身についています。

 

でも・・・確かに社会人やっていると、「来週までにこの曲を仕上げていかないと」というプレッシャーがないと、どうしても理由をつけて練習をサボってしまいがちなんですね・・・(笑)。

 

ちなみにレッスンですが、「オバさんたちが暇つぶしにやるようなユルユル系お習い事」みたいな感じではなく・・・

 

結構厳しいのです(@Д@;

 

最初にスクールに入会した時、先述の友人から「すっごく個性的なキャラの先生がいるよ。結構レッスンは厳しいみたいだけど(彼女は別の先生に師事しています)。」と教えてもらってすごく興味を持ってしまい、迷わずその先生に師事することにしました。

確かにすっごく個性的で、社会からちょっとはみ出した感のある(爆)私には、すっごく共感できるところもあって、とってもステキな先生でした。

 

でも・・・ホントに厳しい・・・(@Д@;

 

「ちょっと!!さっきも言ったけど、モーツアルトのトリルは、ちょっと違うの!!」

「またブレスの位置が違う!!」

「音符の微妙な長さをごまかさない!そういうニュアンスに込めた作曲家の思いに心を馳せなさい!!」

 

そんな叱咤激励に、私はと言えば、

 

「はっ!すっ・・・すみません・・・」と、ひたすら謝り、必死に頑張るのみ。

なので、毎回レッスンが終わると、ぐったりしてしまう私なのですが・・・

 

普段ドSキャラの私なので、こういうドM状態が新鮮:*:・( ̄∀ ̄)・:*:

 

なんか、レッスン中の自分を思い起こすと笑っちゃいます。漫画みたいにピシピシ汗粒飛ばして必死で頑張って、先生に怒られて萎縮しちゃう私(爆)。

多分そんな私は、ここでしか見られません(笑)。

 

でもそうやって厳しく教えてくれる先生には、とても感謝していますし、本当に演奏家として尊敬しています。

 

いつか、離島でフルートで皆の心を和ませたり、スタンレーの集会所で演奏会が出来るような腕前になることを目標に、これからもレッスンを続けていきます(*^o^*) 

 

Share and Enjoy:
  • del.icio.us
  • Facebook
  • MySpace
  • Twitter
  • Digg
  • LinkedIn


コメント / トラックバック24件

  1. そっか・・・・・
    フォークランドでは「ミヤネ屋」も見れないのね(p_-)

    フルートを習われている理由は、そういうことだったんですね♪
    素敵な趣味だと思います!!
    楽器って長続きさせることが大変ですよね~
    日頃、モニョモニョ グニョグニョ・・・お忙しいのに、
    厳しいレッスンもこなされて凄いです(=^・^=)ノ

    ※前の記事で名前を変えたら、また↑固定になりました(笑)

  2. yamaguchi ai より:

    フルートの音色って
    小鳥っぽくて大好きです。
    近場の辺境(秋保)でもリサイタルを!笑
    来月Z嬢がくることになっているので
    ご都合つけばサミット開催しましょう~♪

  3. Uk より:

    なるほど、TABIさんもドMの仲間入り・・・っとφ(。。)メモメモ

    それはさておき、音楽はある意味、世界共通の言葉かもしれませんね。
    私も、ベースとかトランペット、変わったところではバグパイプとか習いたいと思った
    時期がありましたが、何だかんだ条件が整わず、結局何も出来ないまま。(^_^;
    フルートなんていいですね。
    ペール・ギュント組曲の演奏とかできたらカッコイイだろうな~♪

  4. お久しぶりです。
    モンスターと対決してたら、ご無沙汰しちゃいました。
    どS!!!!
    わかるわ〜〜〜〜

    ところで、8月20日にスワンボートレースがあるんだけど
    エントリーしておいたから(笑)

  5. あ、まちがえた、どMだったわね
    めんご。

  6. birrrd より:

     なんと!!!
     ちょっと共通点です。大学生の時のことですが、一ヶ月ほど、山小屋の管理人兼その他一切をやる独り親方のアルバイトに行ったことがあります。最近映画で話題になった場所の小屋ですが、当時は「誰も来ないので」という場所でした(今はどうなのか?)。誰も来ないのでということで、やることの一つに、フルートと教則本一冊も持ち込みました。他は釣り道具、米60kg、野菜の種、古道具屋で見つけた海賊みたいな剣(これは使い道ナシw)など。
    フルートでは数曲だけ吹ける気分になった程度ですが……。

    行ってみて分かったのですが、電話線の保守が大変でした。ほぼ毎日、サルが電話線をイタズラして断線するのです。朝起きて飯食ったりした後に手回し電話を試使用すると音なし……。歩いて二時間くらいの長さの電話線を見回って、木に登ったりして直して、一応を見たら小屋に戻って試して……。電話線保守マンでした……。
    だから、私にとってのフルートとは「電話線とサル」、「なのです。

    フォークランドはサルがいないからいいですね~。保守作業もなく、フルート演奏が上達するのではないでしょうか(笑)。

  7. 斎藤美香子 より:

    越後屋の飼い主

    ムフフ…今回行く島では衛星アンテナがあるから、「ミヤネ屋」(←何でやねん:爆)は映らないけど、BBCとかは映るわよ。あと、ビデオ(→ディズニーもの多くて、うれしいんだけど♪)もたくさん置いてあるし。

    フルート…褒めて!褒めて!もっと褒めて!!元は女王キャラなのよ(爆)

    名前変えても、例のお人からクレーム入らないってことは、きっと満足したのね。あの方もドMだから。
    キャハハハ

  8. 斎藤美香子 より:

    yamaguchi aiさんへ

    小鳥っぽい!確かに(笑)

    最初yamaguchiさんの山小屋行く前は、「結構辺境?」とか思ってたけど、行ってみたらおしゃれな別荘地みたいな感じだったから辺境には思えないわ(笑)。

    えっ!Z嬢、お盆帰りの途中ね!!それは是非是非第三回サミットを開かねば。
    yamaguchiさんにはお披露目しないといけないお人もいるしね。ウシシ・・・

  9. 斎藤美香子 より:

    Ukさんへ

    そうそうメモしといてね。UkさんもドS系だけど、たまにドM体験も新鮮で楽しいわよ♪
    部室でドMキャラになって、その楽しさを味わってみて(爆)

    Ukさんも、結構いろいろな楽器をやろうと思った時期があったのね。理系なのに意外~~★
    フルートって、女子力高いでしょ。ねっ!ねっ!(*^o^*) 

  10. 斎藤美香子 より:

    flipperちゃんへ

    あっ!どこからか沸いてきた!(爆)
    また新しいモンスター出現したの?
    ってか、もう少しで出発じゃん!!大丈夫なの?

    丁度先日何かのテレビで湖のスワンボートが映って、「あ~、あれがflipperちゃんの言ってた白鳥ボートかあ・・・」と思ってたところよ。
    20日ね!!じゃあ、それまでに足腰鍛えておくわ(爆)

  11. 斎藤美香子 より:

    flipperちゃんへ

    うん、なんかヘンだな~と思ってた(笑)

    それはいいけど「めんご」は多分死語(爆・爆)

  12. 斎藤美香子 より:

    birrrdさんへ

    先日は結構なものをありがとうございました。birrrdさんお奨めの「おかき」が、私も一番気に入ったかな。

    それにしても、birrrdさんとフルートって・・・思ってもみなかった組み合わせです~!
    で、今はそのフルートはどこに?安いものじゃないし、ちゃんと有効活用しないと♪

    しかもそのシチュエーション(爆)。電話線の保守って(笑)。
    ちょっと想像つかないシチュエーションです。

    以前あざらし小屋か何かのバイトもしてたって言ってましたよね。なんか、その辺の変わったバイトの話聞いてるだけで面白そう(笑)

  13. マツケン より:

    な~るほど、言葉が通じない時の盛り上げ法に楽器か~
    分かりますよ、自分も何か出来たらどれだけ効果が有るのにと思ったことか。

    とはいっても、楽器の類は何にもできましぇん。
    手拍子ぐらいなら出来ますぞ。

    う~ん、何か私も考えよう。ハーモニカとか(笑)

  14. 私も楽器ができたら、大道芸で世界中回れるなぁ・・・と思ったものでした。笑 言葉を越えて、一緒になれるアイテムですよね~。^^

    しかし、フルートも結構かさばりますよねぇ。
    フルートをたすき掛けにして岩肌をざっくざく歩く、“フルート侍”TABIさんの姿が目に浮かびます。>v<

  15. すまみ より:

    そういうわけだったんですね、フルート♪
    私はずっとピアノだったんですが、持ち歩ける楽器にあこがれて??今年からバイオリンを始めました。息子に変な音感がつかないように(笑)大変ですが。
    音楽は万国共通だから喜ばれますね!

  16. 斎藤美香子 より:

    マツケンさんへ

    私のイメージだと、マツケンさんって歌がめちゃくちゃうまそうな、勝手なイメージがあります。
    身一つの時もあるし、最強は、やっぱり歌がうまいことかな~と、歌の上手い人がうらやましい・・・。

    あ、マツケンさんが中国でプロジェクト展開する上で、「お酒が強い」というのもポイント高くないですか?
    お酒の弱い人には厳しい国ですよね(笑)

    ハーモニカですか(笑)。

  17. 斎藤美香子 より:

    シャンティcocoさんへ

    大道芸(爆)
    私も思った。手品なんかが一番ウケそうだし。

    フルートも決して小さくはないけど、とりあえず楽器の部類では小さい方かと(笑)。
    「フルート侍」って・・・(爆・爆)久々思い出したその言葉!!

    でもcocoさんが、吉永小百合の「鹿のフン」知らなかったのが意外だったわ★

  18. 斎藤美香子 より:

    すまみさんへ

    すまみさん!!なんとバイオリンですかっ(驚!)
    アウトドアだけじゃなく、インドアも幅広く・・・息子さんには最強の教育環境ですね(笑)。
    しかもピアノも出来るとなれば更に最強ですね。かっこいい~~♪

  19. manchot より:

    人生において、唯一やった習い事・・・それは10年くらい前に行った、週1回、3カ月間の「ウクレレ教室」
    なんか、友達同士で、習おう!!ってことになり、そこそこコードも覚えた。
    が、ウクレレをする上で致命傷が・・・・・・
    毎回、チューニングをしなきゃいけないのに、合わせれない(><)
    家で練習中、音感のある、旦那と娘に「音、ずれてる」と言われました。
    まさに「あーあーあ、いやんなちゃうな、あーあーあ、おどろいた」です

  20. どらきら母 より:

    とてもステキな趣味ですね。

    趣味・・・自分は何だろう?
    編み物もレースも数年であきてしまい、写真もデジカメになり
    アルバムさえ作らなくなり韓ドラ含む映画は好きなものだけだし・・・

    今はこれしかないかも(ブログ)50の手習いではじめ あっ!
    歳、バレバレ!

  21. 斎藤美香子 より:

    manchotさんへ

    ウクレレって…今流行ってる習い事の1つじゃないですか!!
    再度始めて、腕を上げれば人気者ですよ~♪

    あ、コンサート&ペンギン三昧で、まだ脱力感一杯ですか?(笑)

  22. 斎藤美香子 より:

    どらきら母さんへ

    編み物やレース編みできる人って、女子力強くて尊敬しますぅ~。
    そんな手先の器用さはありませぬ(汗)

    どらきらさんは、動物写真、うまいですよね。
    センスあります。

  23. ペンギン大好き女子中学生 より:

    お久しぶりです。ペンギン大好き女子中学生です。
    フルートが吹けるなんて、すっごくうらやましいです!!
    私は、クラシックが大好きで、ベートーヴェンとかモーツァルトとかを聴くと、「やってみたいなぁ」と思います。
    今は、ピアノを習っていますが、作曲家によって弾き方を変えなきゃいけないっていうのはたまに言われます。
    そのくせ、私は超がつくほどの不器用で、小学校のころ、家庭科の宿題で「綺麗に縫えた!」とお母さんに見せた雑巾の縫い目は、3センチくらいあったと思います。(母ちゃんア然)
    それに、ピアノの発表会で最後の一音を思いっきりはずすほどドジです。(その音は、フォルティッシモでした。最後だけ長調から短調に調が変わりました。)

  24. 斎藤美香子 より:

    ペンギン大好き女子中学生さんへ

    お久しぶりです!!夏休みに入ったので、普段出来ないようなことを、いろいろ精力的にチャレンジしている姿が目に浮かぶようです。お母様はお元気ですか?

    ピアノ・・・今思えば、私も小さい頃やっていれば・・・(涙)。今になってチャレンジしてみたいことはたくさんあるので、ペンギン女子中学生さんも、今でないとなかなか出来ないようなこと、どんどんやってみてください。きっと将来、いろいろ役に立ちますよ♪

コメントをどうぞ

Categories

Archives

Comments

  • 斎藤美香子: シャンティcocoさんへ cocoさん、おひさぁ~~(#^.^#)...
  • シャンティcoco: ふぅ。やっとここに入れた・・・ と思ったら、...
  • 斎藤美香子: ようめさんへ ようめさん、コメントありがとう~~(#^....
  • 斎藤美香子: ダニーへ コメントありがとう。年末風邪ひいた時にビタミ...
  • ダニー: (=^・・^=) 向こうに住んでて、こちらにはたまに仕事で来るんでし ょ?...

ページトップへ