Home > Weblog > My Falklands > フォークランドでの自炊(1)

Weblog

August 30th
2010

フォークランドでの自炊(1)

カテゴリー: My Falklands, Weblog, フォークランドでの日々

 

フォークランド滞在中、私がどんなものを食べているか。

離島では基本的には自炊しています。

離島には食料品店なんかありませんので、日本から、もしくは唯一の町スタンレーで買い込んで離島へ向かいます。

羊や牛、鶏などを飼っている離島では、ラムチョップや牛乳、鶏卵などを大抵無料で分けてもらえますが、私が毎年(去年は行けませんでしたが)滞在するニュー・アイランドでは、環境生態系保護の観点から家畜は一切置いていないので、ほぼすべての必要な食料を買い込んで行かなければなりません。

でも、取材で滞在する時などは、滞在が1ヶ月等長期になりますので、長期間日持ちするような食材を選んで、きちんと食料計画を立てて細々とやりくりするような感じになります。

冷凍庫や冷蔵庫があればいいのですが、ここでは電力は風力発電に頼っており、シーズン中は住人・研究者など10人くらいが滞在します。彼らの基本的生活や研究に必要な電力をまかなうだけで精一杯で、大型冷凍庫や冷蔵庫の電力をまかなう余裕がないので、持ち込む食料は常温で保存することになります。

唯一ある小型冷凍庫は、研究者たちの研究サンプル(鳥類やペンギンなどの食物サンプルなど)用。ですので長期滞在の時は食料計画は真剣に立てるようになります。

 

まず主食。

スタンレーから冷凍パンを持ち込んでも、冷蔵庫がないので1週間もするとカビが生えてきます。島民は自分たちでかまどでパンを焼いてやりくりしていますが、パンを作るとなるともう1日作業。そんな時間は取れないことが多いので、私がパンを焼くことは滅多にありません。

手軽で保存の利く主食となると、やはりお米やパスタ。特に取材など時間に余裕がない場合に役立つのがアルファ米。日本から持ち込む食材で一番多いのがこのアルファ米です。

パスタも現地で売っているソースは大抵缶入りで重量があるものばかりなので、軽量で手軽に使えるパスタソースを日本から持ち込むことが多いです。後はそうめんや即席めんなども日本から持ち込みます。

最近では、スタンレーのスーパーで買える食材もバラエティ豊かになり、しょうゆや日本の即席めんなどを売っているお店もチラホラ出てきていますが、ここで買う食材はすべて英国本国やチリなどから輸入されるものなので、価格に輸送費がのってて非常に割高です。

 

次におかずですが、冷蔵庫のない環境ではこれが一番の問題です。生ものはあまり持ち込めないので、缶詰やレトルト、比較的常温保存の利く鶏卵などを持ち込みます。
野菜も同じく保存の利くものだけ・・・葉物などは日持ちしないので、じゃがいもやにんじん、たまねぎなどでしょうか。

ちなみに、こうした野菜も諸島内では一部を除きほとんど作っていないので、ほとんどがチリからの輸入品です。なので高い高い!!例えばきゅうり1本(ズッキーニみたいに太いきゅうりですが)500円くらいする上に、輸入ものなのですぐに腐ってしまいます。
ですので、長期滞在中は1ヶ月くらい生野菜が食べられないような生活になります。

そんな中で私がビタミン供給源としてよく利用しているのが、比較的日持ちするりんご。

夏の北半球での鳥見でよく訪れるフェロー諸島で自炊する時も、りんごを同じように主なビタミン源として利用するのですが、こうした輸入モノのりんごというのは日持ちするようにいろいろ薬剤が使われているんでしょうね。ホントに日持ちします(笑)。

まあ、あまりからだにいいものではないのでしょうが、私は食べ物に神経質な方ではないし、刹那的生き方の人間なので、全く構わず皮のまま食べています。

 

第一あそこで食べ物に神経質だったらやっていけません。

 

私などはせいぜいそんな食生活も1ヶ月くらいですが、現地住民や滞在している研究者などは、そんな生活が夏のシーズン6ヶ月くらい続きます。

彼らの主食は缶詰や保存食。限られた貴重品なので、それはそれは大切に食べ物を扱います。カビの生えた野菜や賞味期限が大幅にきれた食材だって捨てたりせずに食べます。

私も取材で来る時は、取材用の予算がつくので、輸送費をかけても食べ物を日本から持ち込んだりしますが、個人で来る時は節約してやりくりします。島の共通の食料庫の保存食のお世話になることもよくあるのですが、大抵のものは賞味期限を大幅に過ぎたものばかり。

私も最近は慣れてきて、賞味期限を1~2年過ぎたパックジュースや、3年も過ぎたグリンピースの缶詰なんかも平気で食べられるようになってきました。
まあ、あまり体には良くないのでしょうが、これまで不調が出たことがないので、意外に大丈夫なものなんだな、と思います。

日本では一時賞味期限偽装問題やらなにやらがありましたし、お店でも消費期限の管理には神経質ですが、フォークランドでは、スーパーに並んでいる品物でさえ、消費期限が切れているものはよく見かけますし、住民もそんなに気にしていないようです。

そもそも日本はちょっと神経質すぎるかな・・・と思います。

健康志向も然り。健康を考えて食材を選ぶことは、確かに体にはいいと思いますが、この健康志向も病的レベルの神経質さになると、毒でないようなものでも思い込みや神経質さで却って体に毒になるのではないかという気がしてなりません。

 

まあ、私のように大雑把でテキトーな人間はもしかしたら早死にするのかも知れませんが、辺境を動き回るようなライフスタイルでは、食べ物を選んで口に出来る環境ではないことが多いので、私はどんなに不潔なものでも体に悪そうなものでも、とにかく「楽しんでおいしく食べる」ということに主眼を置いています。

まあ価値観なのでしょうが、食べ物や健康に極度に神経質になりながら細く長く生きるよりも、太く短くでも豪快に生きたいな、と思います。

次回も離島での食べ物の話書いてみたいと思います。
次回は「採集生活」のことでも(笑)

Share and Enjoy:
  • del.icio.us
  • Facebook
  • MySpace
  • Twitter
  • Digg
  • LinkedIn


コメント / トラックバック22件

  1. 保存がきく食品って、案外ありませんよね。
    「保存食」と聞いていたものが、実は数日しかもたなかったり。。。。
    重量規制も考えると、本当に大変ですね~。
    牛乳も入手しにくいとなったら、飲み物も限られますねぇ。@@
    卵も手に入らないとなったら、
    ペンギンの卵に手を出してしまう不届き者など出てこないのでしょうか…(←こんな悪魔的なことを考えるのは私だけ?^^;)

  2. かよぱ より:

    辺境でないのに、賞味期限なんて見もしないかよぱ家です。
    味噌汁、すっぱくなってるよー。ほんとだー。くらいな感じ。
    別に、その程度でおなかを壊したりしません。
    慣れとか、精神的なものってあるかもしれませんね。
    それも、いつでも好きなものの食べられる環境にいてこその余裕だな・・・と思いました。TABIさんが行くような場所では、心配で気が狂ってしまうかも。

  3. 夜梅 より:

    うちもー。
    5年前に消費期限切れたレトルト食品とか食べちゃう(笑)
    全く何も問題ないですよ。

    私も長旅ではリンゴの世話になりました。
    実を言うとあまりリンゴが好きじゃないんだけど、
    野菜の代わりに重宝しました。
    包まないでも持ち歩けるし、ホント便利。

  4. トム より:

    コンビニがないだけで不便さを感じてしまう昨今(=_=)
    日本ってホントに便利な国だから・・・TABIさん凄いですよ~
    私はお湯さえ沸かすことができたら、なんとかその範囲で頑張れるかも(笑)
    でも1カ月持つかな~(*_*;

  5. くみ より:

    食料計画も頭を使わなきゃいけない
    から大変そうですよね~。
    実家ではママが賞味期限を気にしない
    人だったので私も弟も胃腸が鍛えられ
    ました(^▽^;)

  6. ローラン より:

    食べ物ってなければ動けないし仕事出来ないし機嫌悪くなるし(笑)
    必需品ですものね~
    なのに、ここでは調達できないものばかりとなると本当に大変ですね。
    計算違いして足りないというわけにもいかないし…
    採集生活と言うのもまた面白そうです!
    ペンギンさんならやはりお魚よね^m^

  7. ハチコ より:

    私も基本的に賞味期限よりも五感で判断します。
    ただ、以前賞味期限の切れたゼリーを食べたら口の中の粘膜が腫れあがってしまって、舌が上に持ちあがっちゃって息もしずらくって。
    そのゼリーはいろんな添加剤が入っていたので、化学変化を起こしてしまったのかも。
    それからは添加剤が色々入った食べ物だけは賞味期限を気にするようになりました。

    1か月分の食糧計画って大変そうですね・・・。
    採集生活は楽しそう♪

  8. どらきら より:

    あるもので手早く作れる料理上手になりますね。

    私は便秘症なので期限の過ぎた牛乳はマジックで「母用」と書かれてました^^;

  9. 斎藤美香子 より:

    シャンティcocoさんへ

    料理上手なcocoさんなら、限られた材料でも、ちゃちゃっとバラエティ豊かな美味しいもの作れちゃうんでしょうねえ・・・。

    ところで、なかなか鋭い所をコメントされました。ペンギンの卵!!昔は乱獲されたみたいです。でも今でもかなり制限はされてますが、ライセンス制で一部の人に卵取り(ジェンツーペンギンの)が許されてるんですよ(><;)今度このことについても書きますね。

  10. 斎藤美香子 より:

    かよぱさんへ

    おっ!かよぱさんってば、やっぱり私がイメージしてたとおり(≧▽≦)
    というか、かよぱ家の方々皆さんそうなんですね(*^o^*)

    なんか、より一層親近感感じますねえ~。
    かよぱさんも、無人島でサバイバル生活とかちゃちゃっと出来そうなタイプっぽいですよね。食べ物だけじゃなく、道具なんかも工夫していろいろ作っちゃいそうな(笑)

  11. 斎藤美香子 より:

    夜梅さんへ

    お~~、夜梅さんもこれまた想像どおりの豪胆さ!!(*^o^*)
    というか夜梅さんみたいにあちこち歩いてれば、豪胆じゃなきゃやってけないですよね。

    野菜が手に入りにくいような所とか、食事に時間や手間をかけたくないような所では、日持ちして、且手軽に持ち運べてビタミンが取れるりんごは重宝しますよね。バックパックの奥に沈んじゃってもつぶれないし(笑)

  12. 斎藤美香子 より:

    トムさんへ

    いや、私も日本とか便利な所にいる時は、「コンビニないじゃん!!」とかワガママ言ってますよ(-^□^-)

    そうそうお湯が沸かせるかどうか、これ大切ですよね。
    とりあえずお湯沸かせればアルファ米ふやかせるし、カップ麺も食べられるし、物ゆでられるしで。
    ダニーも辺境に行けば痩せるかもね(爆)

  13. 斎藤美香子 より:

    くみさんへ

    そうですね。一人で行く時は「まあなくなったらその時考えればいいや」って感じで気軽なんですが、取材班と一緒とかの時は、「足りなくなったら大変(@Д@;」って結構神経使いますね。

    くみさんママもアルジェリアでの海外生活とかあったから、食べ物に関してはおおらかに考えてそうですよね。
    というか、今まで聞いた話だと、いろんな面でおおらかよね(爆)いいなあ、そんなママ。

  14. 斎藤美香子 より:

    ローランさんへ

    考えてみると、お米って最強の保存食ですよね。
    というか、日本の食材って保存利くものが多くて便利だな、と思います。
    海外のパスタソースもそんなにバラエティないけど、日本のは袋入りの安いのでも、いろいろありますよね。

    ローランさんもメキシコ時代、僻地とかでサバイバルな食生活あったのかしら?サバイバルはゴキだけ!?(爆)

  15. 斎藤美香子 より:

    ハチコさんへ

    ああ、五感・・・旅してると食べ物だけじゃなく何においても五感と本能は大切ですよね。
    ゼリーの話は怖いですね・・・舌が持ち上がって息がしずらいというのが、想像しただけでつらすぎる(@Д@;

    採集生活は・・・木とか植物がたくさんあるようなとこなら、バラエティありそうなんですが、木なんか1本も生えてないようなところなんで、採集できるものは限られるのですが、好物2種が採集できるんです(笑)。

  16. 斎藤美香子 より:

    どらきらさんへ

    どらきらさんは、限られた食材でちゃちゃっと何でも作れそうなイメージがあります。
    私も基本雑食性なんですが、ウチのお猫様の偏食ぶりには困ってます(笑)。

    それにしてもその牛乳の「母用」の話は・・・(爆)

  17. ゆみ より:

    以前ニュースで見たのですが、ソースは賞味期限が切れる頃が一番美味しくなる頃で、賞味期限の切れた一番美味しくなったころのソースを苦渋の思いで廃棄していること、その上そのことがソースの値段にも反映されているという話を聞いて、それから賞味期限や消費期限はあくまでも目安と思って、私もあまり気にはしないで食べちゃっています。
    でもTABIさんの場合は一か月もそういう生活は大変ですよね。
    そういう大変な思いをしてこそペンギンに会えたときや遊んでもらえたときは嬉しいでしょうね_|\○_ ヒャッ ε= \_○ノ ホーウ!!!♥♥
    採取生活も楽しみにしています♪

  18. ずんこ より:

    あたい、小さい時は若干ボケているばあさんに育てられたから、賞味期限切れのもんなんて家中に溢れてて・・
    買ったことを忘れてどんどん毎日買ってくるもんだから、ヨーグルトなんて賞味期限が切れたものばかり食ってましたねぇ
    お陰様で少々のことでは腹を下さなくなりました。感謝・・?笑

    フォークランド・・海でなんか採れないんですかね??
    貝とか・・?とっちゃだめなのかなぁ・・?
    それ以前に風が強すぎて無理・・とかですかねぇ・・

  19. 斎藤美香子 より:

    ゆみさんへ

    なるほど~、ソースですか!!
    なんだかわかるような気がします≧(´▽`)≦
    熟成されて美味しさが増す感じなんでしょうかね。なのに残念ですね。

    そうですね。まずは第一はペンギンに会うことですものね(*^o^*)
    ゆみさんは最近は園館などどこか行かれましたか?

  20. 斎藤美香子 より:

    ずんこさんへ

    おお、ヨーグルトですか!!
    これまた腐ってんのか、そうじゃないのか判別しにくい食べ物だなあ(爆)
    戦時中とかに幼少時代を送った人たちは胃腸が丈夫だというので、やっぱり育った環境で鍛えられるんでしょうね。

    海で!!貝!!
    おお~、なかなかいいセンを突いてきますね(*^o^*)
    次回は採集生活も書きます★

  21. マツケン より:

    限られた食料を計画的に消費する、飽食の日本では考えられない事ですね。
    私の肥料原料になるスーパーの食品残渣、まだまだ食べられる新鮮さなのに消費期限過ぎたら廃棄。
    こんな勿体無い事ばかりやってて良いのかと、思います。
    賞味期限はやはり五感を重視しますね。クンクン、臭いで大体わかるし、酸っぱいのは止めとこうってな具合。

    私の極限的食事で思い出すのは、学生時代、1ヶ月間研修がありその間インスタントラーメンだけで生きた事かな。
    さすがに1ヵ月後には横っ腹が痛くなりましたけど(笑)

  22. 斎藤美香子 より:

    マツケンさんへ

    おお!インスタントラーメンで1ヶ月生き延びたことがあったんですね(ノ゚ο゚)ノ
    そりゃ~、体に悪そうですね。横っ腹っていうのは、きっとすい臓やられたんでしょうね。ひ~~~。

    マツケンさんは、「まだまだ食べられるのに廃棄される食品たち」をまざまざと目にしているんですね。う~、その複雑な心境お察しします。私女性なのにウインドーショッピングというか、町ブラが苦手で、あまり繁華街に行かないんですが、たまに用事があって行くと、毎度「ホントに物が溢れてる社会だな~~」と怖くなることがあります。

    賞味期限、五感重視賛成です(-^□^-)
    昔、人々の暮らしで自給率が高かったときは、皆そうやって暮らしてたんですものね。

コメントをどうぞ

Categories

Archives

Comments

  • 斎藤美香子: シャンティcocoさんへ cocoさん、おひさぁ~~(#^.^#)...
  • シャンティcoco: ふぅ。やっとここに入れた・・・ と思ったら、...
  • 斎藤美香子: ようめさんへ ようめさん、コメントありがとう~~(#^....
  • 斎藤美香子: ダニーへ コメントありがとう。年末風邪ひいた時にビタミ...
  • ダニー: (=^・・^=) 向こうに住んでて、こちらにはたまに仕事で来るんでし ょ?...

ページトップへ