Home > Weblog > My Mother Earth > 青空トイレでの仁義なき攻防(2)~パキスタン編~

Weblog

January 21st
2011

青空トイレでの仁義なき攻防(2)~パキスタン編~

カテゴリー: My Mother Earth, Pakistan, Weblog

 

前回の(1)から大分間があいてしまいました(;^ω^A。

前回(→コチラ)は、青空トイレで苦労する場所としてアラスカを取り上げたのですが、今回はパキスタン辺境部での青空トイレ事情を取り上げます。

 

このところパキスタンでの仕事とはご無沙汰なのですが、90年代~00年前半は、パキスタンでの取材のお仕事も大分ありました。そして個人的にも大好きな国の1つです。

特に北方辺境地域の景観の美しさ・・・あのスケール感のある荒涼とした台地や美しい山々、その中にぽっかりと桃源郷のように現れる緑の大地と、エギソチックな顔立ちをした少数民族の人々。・・・今では大分キナ臭くなって外国人、とくに女性がおいそれと入れなくなってしまった地域も多いので、今となっては平和な90年代にあの景色を見ることが出来て本当に良かった・・・と思っています。

 

さて、パキスタンは非常に厳格なイスラム国。
女性の行動には、日本などでは考えられないような、様々な規制や不便がかかる国です。

特に保守的な地方では、町や村の通りを歩いているのは99.99%が男性というのは、普通の光景。女性は終日家の中に篭り、日常の買い物から何から外に出ないと済まない用事などは、全部男性がするのが普通です。

どうしても外出しなければならないような時は、女性は黒いブルカ(顔や体を覆うベールで、同じイスラム圏でも国によって色々な呼び方がありますが、読者の皆様におそらくは一番馴染みがあるであろう「ブルカ」という呼び方を、以下統一して使います)を被り、足元までルーズな布で覆われ、どんな容姿をしているのか全くわからないような姿で夫同伴。

テレビで、中東都市部の女性が黒いブルカ(中東ではチャドルの呼称が普通ですね)を身につけながらも、その黒い布の下にはカラフルな衣装をまといオシャレを楽しんでいるような姿を見た方もいらっしゃると思いますが、これはパキスタンの保守的な地方では絶対ありえない話。

例えば、靴の形状により、ヒールの「カツカツ」という音やアクセサリーのずれる「シャララン」という音を響かせるだけで、「男を誘っているふしだら女」と非難されるほどだそうです。

 

以下の話は、そんな保守的な地方でロケハンをした時の話。

その時はテレビではなく、一般販売用ビデオパッケージの取材のロケハン。
中央アジア3カ国のロケハン後、カザフのアルマティからパキスタン入りしました。

特に保守的な地方のロケハンでしたので、パキスタン用にルーズなデザインで作ったシャルワールカミース(民族衣装です)と、大きめに作り髪や肌を覆うドゥパタ(ショールのようなもの)を用意しました(→さすがにブルカを被ってはロケハンは無理なので)。

こうした特に保守的な地方では、例え外国人であっても、ズボンや長袖シャツなどで肌を覆っても、体の線が出ること自体が好ましく思われず、また髪を見せることも男を誘う挑発的な姿と思われてしまいます。シャルワールカミースを作ったのはインドでしたが、インドでのデザインよりも、ずっとずっとルーズに作りました。

 

ロケハンは、その後911でビンラディンが潜伏していると言われたアフガン国境地域まで含んでいましたので、ドライバー・ガイド・機関銃携帯のボディガードという屈強な男性3名に守られてのロケハンでしたが、この時は本当にトイレに苦労しました。

その苦労は現場でだけでなく、何と帰国してからも数ヶ月関係の苦労が続いたのです。

 

前置きが長くなってしまったので、この話は次回に続きます(●´ω`●)ゞ。

Share and Enjoy:
  • del.icio.us
  • Facebook
  • MySpace
  • Twitter
  • Digg
  • LinkedIn


コメント / トラックバック12件

  1. Uk より:

    イスラム圏と言っても、観光地的な所ならばずっと開放的な雰囲気もあるのでしょうけど、
    さすがにトライバルエリアとか、あっちの方だとそうはいきませんよね・・・。(・_・;)
    日本でもまだまだ問題はありますが、帰国後何ヶ月も続くトラウマを受けた(?)経験されたのなら、相当ですね。(汗

  2. トムさん より:

    パキスタン(+o+)
    ホントに色々な国に行かれているのですね~
    私はイスラム圏はまだ未知の国かな・・・
    こんなところでは出す物も出せないような気がするのですが(苦笑)
    青空トイレの話は、次回が初回になるんですね(=^・^=)

  3. かよぱ より:

    ボディーガードを連れ歩く状況って、すごいです。
    戦場カメラマンの渡部陽一さんも、銃を持った人を頼むとテレビで言っていたので、びびりましたが、TABIさんもなんですねー。

  4. 夜梅 より:

    きゃー
    いいところで切らないで~(笑)
    私はソフトイスラムの国しか知らないので、こういう話は興味深々です。
    前にも、お手洗いに関してその国の女性としてのモラルに反してしまったお話がありましたよね?
    普通に旅行してるだけだったら知ることすらないお話だと思いましたわ。
    続き、楽しみにしてます!

  5. 斎藤美香子 より:

    Ukさんへ

    そうですね~。戒律のゆるいイスラム圏だとまた状況は全然違うのですが・・・

    お~、トライバルエリアという言葉が何気なく出る所が、世界情勢やニュースに明るいUkさんらしいですね。

    帰国後何ヶ月も続いたのは・・・実はトラウマじゃないんです(大汗)。
    マジで変な病気になったのかと・・・当時はとっても心配しました(^o^;)

  6. 斎藤美香子 より:

    トムさんさんへ(←爆)

    これは「アグネス・チャンちゃん」と同じノリでしょうか(自爆)

    パキスタン、エギソチックだし、風景はキレイだし、ゴハンは美味しいし、
    いいですよぉぉぉ~(≧▽≦)
    遺跡とかってあまり興味ないんですが、パキスタンに関しては、
    唯一興味のあるガンダーラ文化美術ってことで、遺跡もおもしろいし・・・

    >こんなところでは出す物も出せない…

    おお!トムさん!!さすが鋭いところをついてますねえ・・・
    次回で完結させますね(汗)

  7. 斎藤美香子 より:

    かよぱさんへ

    渡部陽一さんですか(笑)
    渡部さんも結構アフガンとか行ってるみたいですものね。
    もうそろそろバラエティとかのテレビ露出は抑えて、本業に戻るのかなあ・・・

    パキスタンとかインドでは、上流家庭は高い塀をめぐらせて機関銃持った警備員置いてるとこも多いんですよ。取材でも同行してもらうこと多々なのですが、時々「いざという時本当に撃ってくれるのか、この人たち・・・」と思うこともあります。勿論いかにも精鋭部隊みたいな人が来ることもあるのですが、たまに錆付いた機関銃もった普通っぽいおっちゃんとか来たりするので(笑)。

  8. 斎藤美香子 より:

    夜梅さんへ

    あっ、あの記事覚えていてくださったんですね。感激~(≧▽≦)
    そうそう、あの記事では「パキスタンではトイレがないところも多いし、そもそも女性が外出先でトイレに行くのははしたない、と考えられている」という話書いたんですよね。

    今回はそれとはちょっと違う話です。
    まだ「はしたないと思われてもきちんとトイレに行ける」方がいいなあ・・・(汗)

    パキスタン・・・好きな国の1つです。
    ブログ用のネタとしては事欠かない国でもあるかも。

  9. リリス より:

    TABIさん!こんばんは☆
    前回記事からずっとトイレの記事何時かな~と楽しみにしてましたよ。
    早くその続きが読みたいです!
    今回の内容忘れないうちに書いてくださいね。
    最近、物忘れ激しくて~(汗)
    楽しみにしてます♪

  10. リリス より:

    再び。
    前コメントは早く続きをといわんばかりに(ほんとは言ってる)
    終わっていたので(;^_^A

    シャルワールカミースまで作ってのロケだったのですね。
    イスラムは私には未知の世界です。
    戒律の厳しい国での貴重な体験談、しかもトイレネタ楽しみです。
    早く続きが・・・あやっぱり催促してる(汗)

  11. 斎藤美香子 より:

    リリスさんへ

    リリスさんにそんな風に言って頂けると感激です(涙)

    そうなんです。実はアラスカのトイレ記事を書いてから、すっかりその事を忘れていたのです(大汗)。
    で、ブログ仲間さんが先日トイレ記事をアップしてらして・・・それで思い出しました(爆)

    胃腸が弱い私は、インドでは常にトイレ(もしくは青空トイレが可能なところ)が近くにないと、不安でした(笑)し、実際冷や汗モノの体験も何度かあったのですが・・・。
    あれ・・・リリスさんは胃腸がお強いと以前書いてらっしゃったような・・・。私の記憶が正しければ、何ともうらやましい話です(涙)。

  12. 斎藤美香子 より:

    リリスさんへ

    再びコメントありがとうございます(≧▽≦)

    シャルワールカミースは、着てて楽なので、インドでも大活躍してました。
    あの頃は・・・
    でもインドも時代が変わり、欧米と変わらないような格好の若者も多いでしょうから、
    あの頃の感覚でインド大都市の繁華街は歩けないのかな(笑)。
    サリーはね・・・お腹が何とも・・・(^▽^;)だったので、ほとんど着ませんでした(大汗)。

コメントをどうぞ

Categories

Archives

Comments

  • 斎藤美香子: シャンティcocoさんへ cocoさん、おひさぁ~~(#^.^#)...
  • シャンティcoco: ふぅ。やっとここに入れた・・・ と思ったら、...
  • 斎藤美香子: ようめさんへ ようめさん、コメントありがとう~~(#^....
  • 斎藤美香子: ダニーへ コメントありがとう。年末風邪ひいた時にビタミ...
  • ダニー: (=^・・^=) 向こうに住んでて、こちらにはたまに仕事で来るんでし ょ?...

ページトップへ