Home > Weblog > My Falklands > ツアーメイト募集~急遽追加募集~

Weblog

March 10th
2011

ツアーメイト募集~急遽追加募集~

カテゴリー: My Falklands, Weblog, フォークランドを想う

先日締め切りと発表した「ツアーメイト募集」。

 

小型飛行機を2機チャーター出来ることになり、急遽あと2名追加募集します☆(‘-^*)/

 

さすがは地元名士である有力者の口利きは威力あるわ~と思いました。
現地では、まだ来シーズンの小型飛行機の正式予約受付(正式価格の出ない仮予約は出来ますが)も始まっていないというのに・・・

始まってないので、政治家の友人に、航空会社に口利いてもらいました。

ということで、2名急遽追加募集をします。

 ちなみに旅程は当初の2011年12月29日~2012年1月10日ではなくなり、1日追加して2011年12月28日~2012年1月10日となり、チリのパタゴニア&チリのペンギンも楽しんじゃいます!

しかも、1日増えた上、パタゴニアでは空港送迎からパタゴニアペンギンツアーに至るまで、全部専用バス利用だというのに、元々の13日間の料金に、殆ど追加料金ナシでの14日間の手配にも成功!

ダテに総合旅行業務取扱管理者資格(→難関国家資格ですよ~)は持っておりませんよ~★


更に、今回の旅で行く場所で撮った写真を、先の記事同様載せておこうと思います(o^-’)b

大きな、大きな空の下、たくさんのペンギンたちを思う存分観察することが出来ます。

 
キングペンギンたちの行進や・・・

2kmも続く真っ白な白浜で、こんな風に上陸してくるペンギンたち(写真はジェンツーペンギン)をぼんやり眺めていたり・・・


 (子供たちの待つコロニーへ帰るジェンツーペンギンの両親たち)


 (マゼランペンギン)

 

集団で上陸してくるイワトビペンギンの迫力あるシーンに感動!

充実の1日を過ごして戻る場所は、新築の貸切コテージ。
コテージは現在新築中ですので、この写真は古いコテージの写真。
島にあるコテージを2棟貸切しますので、島にいる客は私たちだけ!!
島も貸切です!!

今回はフォークランド初心者でも、リラックスして楽しんで頂ける島に長期滞在します。
セントラルヒーティング・個別のバストイレ・快適なサンルーム・リビングルーム・ダイニングが付いた快適なコテージで、3食付で快適にお過ごし頂けます。

海辺のコテージで、水平線に沈む夕日を眺めながら、3コースディナーを頂きます。

 (メインコースの例。島で育った牛のオーガニックビーフステーキ)


 (デザートの一例:生クリームたっぷりの手作りフルーツタルト)

 

フォークランドで唯一の町。スタンレーを上空から。イギリスの田舎の街がそのまま移ってきたかのような可愛い町並みの中に、ペンギングッズを売っているお店がいっぱい!海沿いの眺めのいい宿に泊まります!

 

 

Share and Enjoy:
  • del.icio.us
  • Facebook
  • MySpace
  • Twitter
  • Digg
  • LinkedIn


コメント / トラックバック4件

  1. トム より:

    |電柱|・ω・`)ノ
    おやつは何持って行こうかな~♪

  2. ショーコ より:

    BBSのコピペと同じものです。

    ★★仙台及び福島第一原発被災地より★★
    テーマ:ブログ

    この度は、たくさんの方々より、ご心配やお心づかいを頂きました。ありがとうございました。

    現在でも、仙台市太白区にある我が家の周辺では、電気水道ガス電話まで、復旧の見通しはたっていません。ガスは一ヶ月以上かかるようです。

    携帯も基地局の電波不能により、仙台市中央部のみ、利用可能。私も今電源のあるところで、漸く、携帯充電、ネットに接続出来ています。

    先日は、せっかくご心配頂きメールを下さった方々に、失礼な発言をしてしまい申し訳ありませんでした。

    しかしながら、あの時は、山を真っ暗闇の中、何キロも歩いて、漸く電波が入るところまで来て、さあ、丸一日以上連絡の一切取れていない福島の被災地の両親に連絡を!
    と思った途端、100通近いメールの受信が始まり、あっというまに、残り少なかった携帯の電池が、なくなる直前になってしまい、被災地の両親へ連絡を取る唯一の手段が、なくなる!という、大きな焦りにとらわれてしまったのです。

    両親は爆発を起こした第一原発の五キロ圏内に在住、しかも、津波の被災地。
    本日地震から二日後にして、漸く、安全な距離離れた場所に避難したと、無事を確認できました。

    同じ場所に実家を持つ友人知人の皆様へ。周辺地域は、無事に皆様避難できたようですが、多くの家屋が倒壊。うちの実家は半壊と聞きました。

    一方仙台。
    私の地域は一切のライフラインをたたれているので、少ない食料を大事につかいながら、唯一暖の取れる布団の中で、猫と包まってますが、大きな余震が断続的に続いているので、安眠は困難です。

    それでも、まだうちのマンションのつくりが堅固だったお陰で、自分の家で眠れるだけ、よしとしなければ、です。
    うちの周辺でもたくさんの方々が、避難所生活、路上で車内生活をしていらっしゃいます。

    食べ物や物資は非常に不足していて、からのお店が多く、物資がある店には、一キロを越える行列。避難所にもカンパン程度しかありません。

    私のところは、お菓子など買えたので、当分は飢え死にしなそうです。

    一番の心配であった両親の安否がわかり、一気に気持ちに余裕がでました。当面の不自由はしかたないことと思っています。市内でもたくさんの死傷者がでているわけですし。

    ただ今回の被災で、感じたこと。
    テレビで終日報道するような大災害の場合、家族等でない場合、携帯メールでの安否確認は相手に迷惑をかける結果になることが多いと思います。具体的な援助や情報提供など、実用的な内容の安否メール以外は、パソコンメールやホームページのコメントにカキコミなどの方が、被災者には迷惑にならないと思いますし、また、大きな視点では、通話やメール規制などで、肝心の生死にかかわる重要事項の伝達に支障を起こす結果になるでしょう。

    今回初めて大災害の被災者になって、初めてわかったこととして、自戒の念を持って感じました。

    もちろんすべては、ご心配のおきもちからと、よく承知しており、本当にありがたいことと思いますが、今後の災害対策で、こんなつぶやきもあったよ程度で。。。

    また最後になりましたが、私のために、援助や情報提供などのために、奔走くださった方々。
    状況が落ち着きましたら、改めて、個別に御礼申し上げる所存ですが、取り急ぎ、まとめての御礼で失礼いたします。

    また、どなたか、最初にこのブログをお読みくださった方。私のホームページのブログのコメント欄、またBBSに以上の文をコピペして頂けますか?よろしくお願いいたします!

  3. 斎藤美香子 より:

    トムさんへ

    おやつは腐りそうなものを持っていくといいと思います。
    そうするとおなかを壊すと思います。キャハハ・・・

  4. 斎藤美香子 より:

    ショーコさんへ

    遅ればせながら、コピペありがとう。
    それとムックと遊んでくれてありがとう。みゅうたん。

コメントをどうぞ

Categories

Archives

Comments

  • 斎藤美香子: シャンティcocoさんへ cocoさん、おひさぁ~~(#^.^#)...
  • シャンティcoco: ふぅ。やっとここに入れた・・・ と思ったら、...
  • 斎藤美香子: ようめさんへ ようめさん、コメントありがとう~~(#^....
  • 斎藤美香子: ダニーへ コメントありがとう。年末風邪ひいた時にビタミ...
  • ダニー: (=^・・^=) 向こうに住んでて、こちらにはたまに仕事で来るんでし ょ?...

ページトップへ