Home > Weblog > My Falklands > 昨シーズンのフォークランドでの事件とは・・・(2)

Weblog

June 28th
2011

昨シーズンのフォークランドでの事件とは・・・(2)

カテゴリー: My Falklands, Weblog, フォークランドでの日々

前回(→コチラ)の続きです。

ということで、絶好の遠出日和のその日。
主目的は、ミナミオオフルマカモメの大コロニーを見て、島の先端まで行くこと。先端までは車で約2時間。途中にはいくつもの家畜用の柵があり、何度か車を乗り降りしてゲートを開閉しながらのドライブでした。


 (家畜がいる離島では、こんな柵があちこちにあります) 

予定通り、ミナミオオフルマカモメのコロニーを見て、島の先端まで行って、絶景の中お弁当を食べました。そして、帰り道。途中にたくさんいるのはマゼランペンギン。彼らのユーモラスな姿を眺めつつ、ロッジに向けて車を走らせました。


 (マゼランペンギンとヒナ2羽) 

途中にいくつもある家畜用の柵のゲートは、ワイヤーのみで出来た簡単なものもあれば、鉄パイプで出来たしっかりした作りのものもありました。

先の記事(→こちら)でも書いたように、ゲートの開閉のために車を降りる時に一番気を遣ったのは、パーキングブレーキの利かない車をエンジンをかけたまま(バッテリーが弱っていて、ゲート毎にエンジンをきると、バッテリーが上がってしまうため。ギアはニュートラルにしなければいけません)停める際、車がひとりでに動き出さないように、平らな場所に停めることでした。

 

1つのゲートにつき、①車を降りてゲートを開け、ゲートを石などで固定する、②車に乗り込みゲートを抜ける、③車を降りて固定した石をはずし、元どおりゲートを閉める、という一連の手順を踏まなければならないので、なかなか面倒です。
同乗者がいれば、同乗者がゲートの開閉をしてくれて、運転手は降りる必要がないのですが、一人で運転しているとなかなか大変です。

 

そして帰り道の3つ目か4つ目のゲートで事件は起きたのでした。

 

いつものようにまずは車を止め、ゲートを開けて石で固定し、再度車に乗り込んでゲートを過ぎて、再び車を降りて、開けたゲートの固定用の石をどけ、元のようにゲートを閉じた瞬間・・・

 

ガーン!!ガチャガチャーン!!

 

ものすごい音と衝撃が響き渡りました。

車に背中を向けた形でゲートを閉め、ゲートの鍵を固定していた私には、一瞬何が起きたのかわからず軽いパニック!!

 

我に返れば、ゲートの鍵を固定していた私の横、わずか50cmあまりのところに、何故か向こうに停めたはずの車の後部が見えました。

 

つまり車が坂を転げて、その後部が柵とゲートにぶつかったのです。そこの柵とゲートは、簡易なものではなく、鉄パイプを使ったしっかりした作りのものだったので、その鉄パイプに車がぶつかったのでした。

 

車がすごい勢いでゲートと柵にぶつかったのは、私の横わずか50cmあまりのところ・・・もう少し停める場所がずれていたら、私は車とゲートの間に挟まれ大怪我をしたばかりか、坂を落ちる車の重みで身動きもとれず、そこから逃げ出すことも出来なかったでしょう。

 

まずは持ち前の運で、第一の危険を回避した私だったわけですが・・・

 

ほっとするのもつかの間、なだらかな坂になっているため車はさらなる重みを柵にかける形となり、今度は鉄パイプで出来た柵とゲートが重みに耐え切れず、斜めになってきたのです。

 

柵を越えて約5mほどのところは崖・・・そのまま海に垂直にそそり立つ崖でした。

「まずい!!柵が倒れて、車が柵を越えてしまったら、そのまま車は海へ落ちてしまう!!」

体中に冷や汗が噴出しました。

 

でも、ゆっくり対応を考えている時間はない・・・柵の向こうから車を押そうか!?・・・でも車の重みに耐えられなかったら??・・・エンジンがかかってるし、車に乗り込もうか??・・・でも乗り込んだタイミングでそのまま柵を乗り越えてしまったら、車もろとも海のもくず??・・・外から車を押せば、重みに耐えられなくても直前で脇に逃げれば、落ちるのは車だけで済むんじゃ??・・・でも車の中には私の貴重なカメラ一式があるじゃん!!・・・っつ~か、車弁償かいな!?

 

時間にすればほんの数秒のことだったと思いますが、私の頭の中をいろいろな考えが駆け抜けたのでした。そして私が取った行動は・・・

 

(つづく)

Share and Enjoy:
  • del.icio.us
  • Facebook
  • MySpace
  • Twitter
  • Digg
  • LinkedIn


コメント / トラックバック12件

  1. manchot より:

    ドキドキの3部作?
    と思わせといて、4部作?
    しかし、50cm横に車が・・・って、怖すぎ
    TABIさんの取った行動とは?
    うーん、予想がつきません(^^;

  2. トム より:

    ((+_+))ガクガクブルブル

    私もフォークランドでこんな恐怖体験をするのでしょうか??
    怖い(冷汗)

  3. 雛、つぶらな瞳で、可愛いですね~。^^

    柵がワイヤーのヤワなやつだったら、めりめりっとすぐ横で音がしたと思ったら、車がするする~と横切って、えええ?と思っている間に崖の下・・・だったんですね。@@

    どうなる、どーする、TABIさんっ!?>・<
    どーしてこういうときだけ、エンストを起こさないのだ。ボロ車?

  4. 夜梅 より:

    こ、こわすぎる・・・。
    行くところが行くところだけに、ハプニングも桁が違いますね。
    聞いている分には面白いのですが、想像すると寒気がします!

  5. マツケン より:

    車が勝手に走り出すのは、普通でも怖いのに、横50センチ!?
    しかも、まだ止まらない。パニックにもなりますよ。

    TABIさんならどうしたかな。
    後ろに回って、ふんぬっと押したら車は30mほど飛んでったとか^^;

    私もタイヤショベル(総重量10トン)のパーキングブレーキを甘く掛けていて、
    気が付いたら20m以上暴走、畑の土手で斜めになって引っ掛かっていたことが有りますが、いやー、怖かった。

    恐怖の3部作完結編、待っていますよ~

  6. リリス より:

    うわ~恐ろしい~
    こんな状況の中でどんな策を思いついたのでしょう?
    タイヤに歯止めを掛けれるようなものが近くにありました?
    ゲートの固定用の石とか?
    まさか車に乗り込んだりはしないですよね(>_<)

    気になる続きはシムラーで読ませてもらいますね!

  7. 斎藤美香子 より:

    manchotさんへ

    ホントに今思い出しても、あと少し車を駐車していたところか、私の立ち位置がずれていたら…と冷や汗モノです。
    誰もいないところで背中とか骨折して挟まれて…とか洒落にならんですよね(汗)。
    あれだけ見ても、なんか自分には不思議な運があると思います。

  8. 斎藤美香子 より:

    トムさんへ

    大丈夫よ。トムさんには車の運転はさせないわ( ̄▽+ ̄*)

    多分トムさんの恐怖体験は、「鳥関係」かと思うの。マジで大丈夫?
    そこらじゅう、いろんな種類の鳥だらけよ。
    ペンギンも鳥だけど。

  9. 斎藤美香子 より:

    シャンティcocoさんへ

    そうそう、この写真のようなワイヤーのヤワなやつだったら、もうダメ~~~でしたね(笑)。
    ただ、ヤワなやつなら、車が「ガーン、メリメリ」となることもなかったな~とか、後でいろいろ考えたけど。

    いや、ホントに迷ったのはほんの数秒、数十秒だと思うけど、いろんな思いが交錯しましたわ。
    ど~する私、ど~する私~~って(笑)

  10. 斎藤美香子 より:

    夜梅さんへ

    お帰りなさいまし。後方支援ながらも、現地のほうにも足を運ばれたようで、ホントにお疲れ様でした。
    確かに夜梅さんがこっちにいるときは、割と大きめの余震が何度かありましたね。

    そうそう、今になってみれば、面白いネタっぽい話なんですが、その時はホントに必死で…
    ガーンとぶつかった車、崖から落ちていく勢いの車に、「これは夢?きっと夢」みたいな、現実逃避の気持ちもよぎりました(笑)。ああいう時って、とんでもないこと考えるものですね(笑)

  11. 斎藤美香子 より:

    マツケンさんへ

    え~~~( ̄□ ̄;)!! 
    車の重さが重さなだけに、タイヤショベルの話はキョーレツですね!!
    おっそろし~~~。畑の土手で止まらなかったら…人がいたら大変でしたね。うわ~~~。
    それもツキがありましたね。

    私も毎度自分にはヘンなツキがあると感じます。
    もう少し立ち位置か車の停車位置がずれていたら、挟まれて車の重みで背中骨折とかしたのかと思うと…寒い…

  12. 斎藤美香子 より:

    リリスさんへ

    シムラーでごらん頂いているとは感激です(涙)。
    しばらく行ってないけど、私の記憶の中のシムラーはデリーの酷暑期の4月に行った避暑地だわ~。

    そっか、タイヤに歯止めをかける石という手もありましたね。
    その時は、選択肢に頭にうかばなかった!!でも今考えれば、それがベストだったのかなあ…
    やっぱり慌ててる時って、ダメですね(笑)

コメントをどうぞ

Categories

Archives

Comments

  • 斎藤美香子: シャンティcocoさんへ cocoさん、おひさぁ~~(#^.^#)...
  • シャンティcoco: ふぅ。やっとここに入れた・・・ と思ったら、...
  • 斎藤美香子: ようめさんへ ようめさん、コメントありがとう~~(#^....
  • 斎藤美香子: ダニーへ コメントありがとう。年末風邪ひいた時にビタミ...
  • ダニー: (=^・・^=) 向こうに住んでて、こちらにはたまに仕事で来るんでし ょ?...

ページトップへ